人生防衛隊 ~ 内弁慶 没落国家から人生を守る サバイバル JAPAN 戦略

中高年にしか理解できない 人生のリスクと不安を回避! 内弁慶国家の 失政リスク,詐欺被害・老後破産から 豊かな人生を守り抜くサバイバル戦略ブログ

*

日本人のあなたは 生きてるだけで世界中に貢献していた! ~ 今すぐ気づくべき日本で生きている自分の価値

あなたは 気づいていないかもしれないが、
あなたを含めて、働いて収入を得ている日本人は、

生きてるだけで、世界中に ODA供与という 寄付をしていた!!

それが事実だ!

日本で 地震や水害等 災害が起きるたび、
首相や閣僚級の大臣が 現地視察をし、励ます、
なんてことが 繰り返されています。

ここのところ、安倍内閣が続いているので、
被災地で 率直な声として

「安倍さん、外国も大事でしょうが、国内の私たちにも 目を向けてください。」

なんて 言われている場面が、先日も NHKニュースで 報道されてました。

いや、これ、笑い事じゃ、ないんですよ。

明日はわが身・・・・

自然災害が多発する日本にとって、戦争などなくても
安心も油断もできません。

で、ODA供与の話とともに、常々、言われているのが
日本人の 平均年収が 下がってきている、というデータです。

数年のうちに、とうとう、税込年収の平均が、400万円を割り込んでしまった。

しかし、その一方で

諸外国には、ホイホイと、ODA供与している。
外交政策が甘すぎるのだ。

 日本人がどんどん貧困化しているのは、

まさしく 政府の失政が最大の原因だ!

ODA供与で、貴重な血税を 海外にバラまいている場合ではないはずだ。

中国、韓国など、まさに、恩を仇で返すが如く、
ODA供与してるそばから、反日攻撃されている。

まさに 「自分を撃つぞ!」 と言っている目の前の敵に、
弾を入れたピストルを 手渡ししているのと、同じだ。

お金を出して、感謝どころか、憎まれる。

冷静に考えなくても、アホとしか、いいようがない。

 日本人は、今すぐこの文を読んだ瞬間から、卑屈になってはいけない。
世界に胸を張るべし!!

 なぜか?

年収 400万円の人は、どれだけ税金を払っているのか?

給与明細は、だいたい 毎月 額面では 32~33万円、
税金や社会保険料等 7~8万円くらいが 天引きされて、
手取り 25~26万円

ボーナスも、夏、冬 だいたい 57~58 万円あたりで、
天引き後の手取りが、 50万円あたりか?

夏より冬が、多めになっているだろう。

400万円に届かない人々は、
このうち、ボーナスが無い、ということが、考えられるし、
ボーナスがあるところは、毎月の手取りが、それこそ 20万円あたりまで、
落ち込んでしまっていることだろう。

だいたい、2割くらいは、額面から天引きされる、といわれているが、
実際の体感から、そんな数字で、ほぼ間違いなさそうだ。

となると、日本人の 年収400万円レベルの勤労者は、
年間 80万円前後、天引きで自動徴収されていることになる。

年収 300万円レベルだと、年間 60万円・・・・

これは 冷静に計算してみれば、恐ろしい数字だ!

いまだに 日本人の 理想的とされる 勤労者の姿を考えてみよう。

大卒 22歳で就職、定年 60歳まで働く、とすると、勤続年数 38年。

平均年収 400万円, 年80万円だと、税金+社会保障費は、通算
80万円/年 × 38年 = 3040 万円
勤労者である間だけで 3000 万円超も 国家に召し上げられることになる。

平均年収 300万円、年 60万円だと、結婚、子育てに、けっこう厳しい収入ということになるが、
それでも
60万円/年 × 38年 = 2280 万円

なんと!!

日本国内勤労者の おそらく 9割以上は、もらえない退職金の金額 2000万円よりも、
多く 収入から差し引かれてしまうのだ。

われわれは、日々の生活に追われ、冷静に考えてもいないだろうが、
この 1人あたり 年間 80万円が 国家に召し上げられている
という事実を、もっと考えるべきだ。

まさに、

吸血鬼に血を吸われ続けながら、元気になれ!

 と言われているに、等しいのが 冷酷な現実なのだ。

 

それに、お忘れでしょうが・・・

この金額は、消費税を含めない 天引きの額での計算ですぞ!!

 

地球上には、200か国くらいあるそうだ(正確に数えていないが)

では、日本の貨幣価値での 年収80万円で 暮らせる国は、どのくらいあるだろうか?

アジアも最近、発展してきて、給料が上がってきているが、
先日、1兆円規模の供与を日本からせしめた フィリピンは、
警察官の初任給が、日本円で だいたい 3万円程度だそうだ。
日給ではない、月給だ。
つまり、年収 40万円くらい、ということだ。

日本からフィリピンに 供与する、ということは、
フィリピンの警察官 2人を、日本のサラリーマン1人が
養っているようなものだ。

月給3万円、年収 40万円レベルで、1世帯が暮らしている国は、
アフリカの大半の国々や、旧ソ連から独立した、東欧諸国の国々など、
世界中にたくさんある。

(聞くところによると、ウクライナのキエフ大聖堂は 日本のODAで再建したので、日本のパスポートを見せると、

入場料免除、受付係員から 感謝されるそうだ。

筆者はまだ ウクライナに行ったことがないので、行ったときには、ぜひとも見学してみたい)

 だから、日本人は、普通に働いて 生きているだけで、
自動的に、世界中の国々に貢献していることになるのだ。

威張るのは あまりよろしくないが、
首相が ホイホイ、海外に 大盤振る舞いしているのだから、
せめて 卑屈になど、なる必要はない !

卑屈になることは 国家の地位低下を招く

公務員だったら、公務員法の 信用失墜行為の禁止

に該当する 重罪なのだ!

 中国、韓国、北朝鮮以外は、世界中の国々が、日本に感謝しているし、
日本人は、実は 好感度No.1 の人種なのである。

今すぐ この瞬間から、日本人であることに 誇りを持って、

卑屈さを吹き飛ばそう!

 

治験モニター募集
治験モニター募集

 


公開日:
最終更新日:2018/07/23