人生防衛隊 ~ 自分の未来は自力で守れ! サバイバル JAPAN

衰退国家ニッポンで たくましく 老後を迎え撃つ 珠玉の知恵と手法をあなたへ

*

戦前 日本で使われていた 覚せい剤、劇薬

      2021/11/25

 

ヒロポン   大日本住友製薬

   医療用医薬品 ヒロポン

  「ヒロポン」は商品名で 薬名は メタンフェタミン

  https://ja.wikipedia.org メタンフェタミン

 

  日本軍に支給  

  夜も仕事ができるので 「猫目錠」とも言われた

   https://www.arban-mag.com/article/50270

 

  日本でも 1940年代に メタンフェタミンやアンフェタミンが 次々に商品化された。

 メタンフェタミンでは、大日本製薬の「ヒロポン」、参天堂製薬の「ホスピタン」、

小野薬品工業の「ネオパンプロン」、富山化学工業の「ネオアゴチン」。

アンフェタミンでは、武田薬品工業の「ゼドリン」、富山化学工業の「アゴチン」

などがあげられる。

  1940年代に 覚醒剤を製造した会社は 23社にのぼったという

   出典 / 

  知られざる「麻薬大国」ニッポンの裏面史~芸能界「薬物汚染」の源流はこんなところにあった! 2016/5/18 現代メディア

 

 資料 /   一般社団法人 北多摩薬剤師会

 

 

 

  敗戦後、割りあての何倍もの量を作ってさばいていたのが  富山化学工業

 アビガン製造の  富士フィルム富山化学 の前身の会社だ。

 

  大日本住友製薬「ヒロポン」とともに

 タケダ薬品からは「ゼドリン」が製造された。

  今 (2021.11.25)  google で「ゼドリン」で検索すると

 法科学鑑定研究所の広告が出てくる  「迷ったら法科研」

     法科学鑑定研究所 https://alfs-inc.com/

 

 

 

 - ワクチンパスポート根絶